MENU

脇肉をなくす方法!30代女子が脇の肉をとることに成功した体験談!

 

この前鏡で自分のカラダを見てビックリしました。
脇肉が…。すごいんです。
ぷよぷよって大量にあります。

 

いつの間にかこんなに脇肉が出来てしまったのか?
そんなに太っているわけでもないのに。
なぜ?

 

そこで、脇肉ができる原因について調べてみることにしました。

 

 

脇肉が出来てしまう原因

 

ここからは脇肉ができてしまう原因をお伝えします。
その原因の中で特に代表的なものを4つ紹介します。

 

 

ブラのサイズが合っていない

 

ブラが小さすぎるとうまくバストがブラに収まらずに、
ブラからはみ出てしまいます。
これを繰り返すと徐々に脇肉として溜まってしまいます。
大きすぎるブラの場合もバストの肉が、
脇に流れる傾向にあるので適切なサイズのブラを選ぶことが重要です。

 

 

対策⇒適切なサイズのブラを選ぶ

 

バストのサイズは変化することがあるので、
1度ブラのフィッターにサイズを確認してもらうのがいですね。
自分で測るのもいいですが、プロに見てもらうのが確実ですね。

 

 

 

姿勢が悪い

 

姿勢が悪いと肩甲骨が歪んでしまいます。
肩甲骨が歪むと脇の下に脂肪がつきやすくなってしまいます。
パソコンを仕事で日々使う人や、立ち仕事で前かがみになりがちな人は要注意です。
あと、猫背もよくないです。
肩が内側に入ってはみ肉ができやすくなってしまいます。

 

対策⇒ストレッチ

 

姿勢が悪い場合はストレッチが1番。
ストレッチはいろいろなやり方がありますが、
特におすすめの方法を紹介します↓

 

 

 

 

リンパが溜まっている

 

リンパの流れが悪いと老廃物が溜まりむくんでしまいます。
特に脇の下には大きなリンパがあるので、
そこがむくむと見た目もはみ肉のように見えますし、
実際にお肉がつきやすくなってしまいます。

 

対策⇒リンパマッサージ

 

リンパが溜まっているのは、
脇の下を触ってみると分かります。コリコリしますから。
リンパの溜まりはマッサージでとれます。
詳しくはこちら↓

 

 

 

筋力が衰えている

 

わきの下にも筋肉はあります。
そこが衰えてくると脂肪に変わっていきますので、
普段使うことがない人は鍛えるのがいいですね。

 

脇の下の筋肉を鍛えるには筋トレがいいですね。
おすすめの筋トレのやり方があるので、参考にしてみてください。

 

 

 

脇肉をなくすのには、ナイトブラも有効!

 

脇肉をなくすのにはナイトブラも有効です。
ナイトブラはどんなものか?
ナイトブラは夜につけると、朝までバストをホールドしてくれるもの。

 

ただホールドするのではなく…。
バストの脇の肉をバストに集めて固定するので、
使っていくと脇肉がバストの方に移動します。

 

バスト周りの余分な脂肪がすっきりしますし、
バストの形、位置なども整える効果があるので、1つは持っておいてもいいかもしれません。

 

 

ナイトブラを使った結果

 

半年の間ナイトブラを使ってみました。
脇肉がなくなり…かなりすっきりしましたね。

 

私の場合は、ナイトブラをつけた後に脇肉を寄せる時に、
ついでにリンパマッサージをしてしまいます。
そうすることでリンパの溜まりもなくなりますから。

 

脇肉以外にも背肉、お腹の肉もなくなったので、
付随する効果もあってよかったです。
バストもワンカップ大きくなったので、ブラも再度買いなおしました。
ちょっと出費はかさみましたが、うれしいことなので満足していますよ。

 

わたしが使っているナイトブラ